スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン生まれ、日本育ちの8輪車

積プラ中のカーモデル特集も最近中身がなくなってきて、マンネリ気味になってるので今日はミニカー特集でも。
9月になりましたがまだ暑いですね。
しばらくカーモデル特集は作れる目途が立つまで休止しようかと思います。

トミカ・B10M00

98年に登場した京成の連節バスです。型式:KC‐B10M。全面窓の表示幕部分は印刷が剥がれちゃいました(汗)デカールででもそのうち作り直すかと思っています。
実車では全車引退してしまい、青緑色のシターロ(トミカでも出ています)に変わったらしいですね。
が、やはりこっちの方がしっくり来るような。関西在住ですし関東まで遠出しないので実車に触れる機会はほぼないのですが。

ボディは富士重工7Eのため日本車と変わらない外観ですがシャーシはボルボ製です。実車ではISOの10穴ホイールが当時の国産車との差異点でしたね。

トミカ・B10M01

このよーに、2つの車体がつながっているのが最大の特徴ですね。トレーラーとの違いは切り離し不可であるという点でしょうか。鉄道で言うところの「固定編成」な」わけですね。

このクルマはミッドシップエンジンの牽引型で、前車のホイールベース間にエンジンが載っております。第2軸(ダブルタイヤ)が駆動軸。ちなみにエンジンは4種類(ウィキペディア参照)があったそうですが全部9.6Lの6発ターボだったらしいです。この図体で意外と小さ目なエンジンに驚き。国産大型車に比べると早い時期から6気筒化が進んでいたみたいですね。

排気量だって、国産大型の6気筒だと12000~14000ccぐらいが一般的です(いすゞに9800ccの6気筒がありますが)。

ちなみにシターロは後ろの車体にエンジンがある推進型らしいです。

トミカ・B10M02

このように連節部が可動しますが角度は浅く、動きも鈍い感じなのでいずれ改造したい個所ではあります。
真後ろから見てもほとんど普通の路線バスと変わりませんね。

第3軸(一番後ろのタイヤ)が実車では第1軸と逆方向に操舵します(4WS)。これで内輪差を小さくしているわけですね。
シターロは前述のとおり推進型で第3軸が駆動するため、第3軸はダブルタイヤで操舵しません。

ホイールを白く塗って、第1軸、第3軸のセンターハブのもっとも中心の部分を黒く塗れば一段とリアルになりますね。

ではこのへんで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

オカ★ユウ11

Author:オカ★ユウ11
1993年生まれ・兵庫県在住。
浜田麻里さんが好きな車好き♪
( *´ω`* )
※ただしブログ名はB’zの曲から由来
浜田麻里、WANDS、B’zの音楽をよく聞きます。(特に麻里ファン)

愛車3姉妹。
K12マーチ中期(愛称:マチコ)
MC22SワゴンR(愛称:白わごちゃん)
L150Sムーヴ(愛称:涙目ちゃん)
趣味が車なら仕事も車!配送ドラやってまーす。

古い記事などにもコメント頂けると喜びます。

2002年よりKISS‐FMを愛聴しています。いわゆるキスナーですw

2017年より、ツイッターも始めました。
ワシのあかうんとはこちら
https://twitter.com/okayuu11

・スパムコメントはご遠慮下さい。

・画像無断転載、改変、営利目的での利用は禁止です。

・基本リンクフリーです。相互リンクも歓迎です。コメント欄などで一声いただければリンクいたします。(アダルト系等如何わしいものはお断ります、念のため)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。