スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わごんも喉乾いたのかな??

今日の主役はわごん。
これ、8月上旬の出来事なんですけど、以前からわごんのお口が白っぽくなってきて、締まりがなくなってきたので洗車ついでに透明復活材を塗ってやりました。画像ではわかりにくいですが、実際に肉眼で見るともっと白っぽくなっていました。
わごんのお口00

近くで見るとこの通り。まずタオルで入念に洗車後の水滴を吸っていきます。
わごんのお口01

自動後退で買ってきた、これ↓
わごんのお口02
車の目玉(ライト)にも使えるそうですが、黄ばみを磨き落としてから塗ったほうが効果があると思います。

最初に右側の水滴を吸いましたがかなり白っぽくなっているのがわかりますかね。
わごんのお口03

んで、塗ったのがこの状態です。口元が黒々として引き締まって見えるのがわかりますかね。
より可愛くなって見えます^^一度お目目の黄ばみ取りもしたんですが、な~んもコーティングしてないのでまた黄ばんでます(汗)ガラスレンズだったらよかったのになぁ~
わごんのお口04

透明復活材の箱の中には液体の入ったボトルとミニタオルがセットされていて、液体をタオルで引き延ばすように使い方が書かれています。しかし、実際塗ってみるとタオルが液体を吸ってしまい伸びが悪い気がしたので、ゴム手袋して液体をそのまま引き延ばしてやりましたwおかげでお口がテッカテカですw可愛いなぁわごんちゃん♪これでお目目を磨いてコーティングしてやれば、新車みたいに見えるかな?(デザイン的な意味ではなく、質感的な意味で…)

時々白のN‐1、ノーマルボディ+社外アルミ+シャコタンにならない程度(5センチくらいかな)に車高を下げたMC22Sを何台か見かけますが、ムッチリしてるボディが強調されて、セクシーやなぁ~とつい見とれちゃいます^^。俺もやろうかな?とちょっと思てしまいました(笑)
まぁまずホイール変えたいけど、今ホイール無いわけちゃうから来年でええかなー。

2月にオイル交換してから今3000kmほど走行。4000kmの時にオイル交換しようかと思ったが、やっぱ3000km交換にしようと思います。次の給料入ったらオイル交換するつもり。近いうちにプラグが緩んでないか確認もしたいけど、押し入れから工具集めてこななー。確か8本くらい使ったはずや…

最近、走行中に左前方からかな~と思うんやけど、コトコトコトコトって音がするんです。
足回りに原因があるのかなと思ってますが、なんやろなー。そういえば黄色い手紙のリコール修理まだ行ってへんのう。
給料入ったら見てもらわんと。貯金中やから小遣いを潰す覚悟で…

まぁ、ぼちぼちですわ!
スポンサーサイト

今日はいすゞ大型トラックの日ですか?

こんばんは。先日の三菱ふそう編に続き今日はいすゞ編です。
今回はモザイクすることなく素直に載せますのでよろしくです。

ではまずこちら!!

810キャブ00
810(ハチイチマル)スーパーⅡです。ルーフ、フェンダー、ステップの形状にこだわってみました。1989~92年の3型。W‐EXR71D型をプロトタイプとしています。
バンパーは現在制作中です。この頃のいすゞのトラックは黒帯が凛々しくて男前な印象ですね。
1~4型まですべて制作するつもりですが、一番早く完成しそうなのはスーパーⅡです。
いずれ詳しく書くつもりですが、実はスーパーⅠとⅡで速度表示灯ボックスの形状がかなり変わっています。


810キャブ01
キャブ後方。810はシュノーケルはどのモデルも特に変化ありませんね。1~4型まで同じようです。
実車のトラクタの画像を見ながら細かな絵を書き写しました。
先日のふそう編の時はリヤ画像載せてなかった…また近いうちに載せますかね。

続いてこちら!!

ギガキャブ00
ギガ前期型のキャブですが、まだバンパーやステップが出来ていない頃、キャブだけ最初に立体化した時のものです。
KC‐EXR82D1型がプロトタイプ。

それから大幅に進化して…

ギガキャブ01
ギガ中期型ハイルーフです。KL‐EXR52D3型をプロトタイプとしています。これは2000~2003年モデルです。
ステップ部分は現在一部形状修正しております(基本一枚絵での表現としていますので、ここはあまり期待しないように。)

2003年以降は速度表示灯が無くなり、2005年からはウインカーがォグランプと2分割になりました。
実は、ドルフィンプロフィア・テラヴィのコンビランプもギガと全く同じものを装着しているんです。
ややこしいのですが2000年にデビューしたテラヴィのウインカーはギガ用の設計変更品で、外形は全く同じです。
スペースレンジャーやファインコンドル最終型も同じコンビランプでしたよね。クオンは微妙に違うと思いますが…
で、そのテラヴィ用に改造されたコンビランプをギガにも装着されるようになったわけです。


ギガキャブ02
斜め横から。フロントやルーフがへこんでいますがこれは手に取った時にへこませたものでしょう…
ステップの上部が入り組んだ形状になっているのがわかるでしょうか。
ブリスターフェンダーの形状が実車と微妙に違うと思いますが、ご了承ください。


ギガキャブ03
キャブ後方です。前期型のシュノーケルはまだ作ってないなぁ~。まずはこの中期ハイルーフを完成させるつもりです。
シュノーケルの細かな模様なども実車画像をガン見して書き写しました。

※あくまでこれらは自分の趣味で作ったものです。このペーパークラフトに関して実車メーカー様に問い合わせ等されることのないようお願いいたします。当ブログといすゞ自動車株式会社様は無関係です。

てなわけで今日はバイちゃ!!

ゴミ屋でも始めるのか??(笑)

本日、ゴミ収集車を購入しました(笑)。

ゴミ収集車00
ダイヤペットの初代プロフィア3型(1998~2000)です。980円で売られていたので即買い。色ハゲや破損もなく非常に良い出物でした。ありがたやありがたや。フロントの窓枠を黒く塗れば引き締まりそうな感じ。希少な大型の清掃車!!


ゴミ収集車01
ベッドレスのショートキャブです。何気にマニアックな車種選択(笑)
キャブ後ろに配置されたスペアタイヤが特殊車両っぽさを醸し出していて良いですね。


ゴミ収集車02
ドアも開きます。ではちょっと乗ってみましょう…(笑)エンジンはV8のF20C型。
あれ??と思った方々、側方窓のプレス部分が黒いのは気にしない方向で…(実車はここはボディ同色です)


ゴミ収集車03
丸テールが再現されてます。反射板とか作業灯でも作ろうかな。横についてるハンドルは後部の蓋をあける役目をしているようです。何気に後輪シングルタイヤ。


ゴミ収集車04
ダンプ式です。


ゴミ収集車05
中に回転板はありません。


ゴミ収集車06
ホッパ開。当然、ダンプ式なので排出板も無いです。。中は結構狭いので積載量も少なめ。
ペーパークラフトのちょろちょろした紙屑ならここへ詰め込めます(笑)。

おまけ

ゴミ収集車07
空気圧の点検のためスペアタイヤを降ろしてみました。いや~汗が噴き出る…(笑)


ゴミ収集車08
スペアタイヤバケットの中央に黒い点が見えますが、接着剤がここだけ点付けされていた模様。
おかげで外すのには難儀しませんでした(笑)。このあとスペアタイヤを積みました。

荷台の上に、プラ棒でカゴ作ろうかなぁ~。プラ棒でサイドバンパーを作ったり、プラ板で泥除けを作ればさらに実車っぽく見えるでしょう。回転板は作れるかな?ボディカラーや基本スタイルはノーマルを維持します。
プロフィール

オカ★ユウ11

Author:オカ★ユウ11
1993年生まれ・兵庫県在住。
浜田麻里さんが好きな車好き♪
( *´ω`* )
※ただしブログ名はB’zの曲から由来
浜田麻里、WANDS、B’zの音楽をよく聞きます。(特に麻里ファン)

愛車3姉妹。
K12マーチ中期(愛称:マチコ)
MC22SワゴンR(愛称:白わごちゃん)
L150Sムーヴ(愛称:涙目ちゃん)
趣味が車なら仕事も車!配送ドラやってまーす。

古い記事などにもコメント頂けると喜びます。

2002年よりKISS‐FMを愛聴しています。いわゆるキスナーですw

2017年より、ツイッターも始めました。
ワシのあかうんとはこちら
https://twitter.com/okayuu11

・スパムコメントはご遠慮下さい。

・画像無断転載、改変、営利目的での利用は禁止です。

・基本リンクフリーです。相互リンクも歓迎です。コメント欄などで一声いただければリンクいたします。(アダルト系等如何わしいものはお断ります、念のため)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。