スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/32 KFパネルバン仮組。

もうクリスマスシーズンになるんですね。
今からちょうど10年2か月ほど前になるんでしょうか、2006年秋ごろに発売されたこちらのキット。
ビッグカスタム・KF00
ビッグカスタムのKF中期です。コリーダ丸のベース車ですね。サイドバンパーは角パイプ3段になっていますが、この時代のトラックはもっと細いものが似合うでしょう。元々近代車のキットをベースにキャブのみ新規のキットなので当然といっちゃあ当然ですが、リヤプロテクタもこのような長くて太い角パイプ状のものが付くようになったのは2000年代に入ってからのはず。むしろこういう特徴があるからこそモデラーのセンスが問われますねw
2014年1月頃に購入したキットで、3年近く寝かしてました。
あ、ヘビフレFUに入ってる余りパーツの丸型リヤフェンダーを付ければ似合うかも…。

説明書ではキャブカラーはニュートラルグレーが指定色だったと思いますが、自分はこの箱絵のキャブカラーを再現したいですね。ミラーのトラ模様もデカール付けて欲しかったわ…。

ビッグカスタム・KF01
早速ですが仮組の段階でここまで組上がります。バンパー、グリル、フェンダーはメッキパーツだったので水で希釈したキッチンハイターに浸けてメッキを落とした後、Mr.カラー薄め液の入った缶に入れて下塗りを落としました。
一度キャブが割れてしまったのですが、うまいこと直せました。上面と前面に分けてペーパーで仕上げたので、実際に触れてみると全く合わせ目の段差がありませんし、フロントパネルのエッジもきちんと残っています。裏から瞬間接着剤で補強してあります。

ビッグカスタム・KF02
この旧ロングシャーシはそのまま組んでしまうとホイールベースが不自然に長くなるのは有名な話。
通常の取り付けベースより1個分前にずらしてあります。トラニオンも接着せず可動式に。
ホイールはキット内容も箱絵と共にチューブレスのホイールですね。余りパーツのリング式ホイールに交換しようかと思いましたが、あえてこのチューブレス銀ホイールのままってのも悪くないかも?このホイール、リヤのセンターハブはいすゞのハブを再現したのじゃないかなと思います。

ビッグカスタム・KF03
トラックの荷台はケツ上がりよりも水平に近いくらいの方が安定感があってかっこいいと思います。
エアサスなら空荷時でも積載時でも高さを調節できるんでしょうね。。

3tのトラックでもめっちゃケツ上がりになってるモデルがありますが、設計段階でもうちょっと水平にできなかったのかな…と思ってしまいますwちょっとキャブが下向いてる所が、まるで斜面に合わせて作られたケーブルカーのように見えてしまいます…。こういうことが気になってしまうのはモデラーの癖なんですかねぇ…。

ビッグカスタム・KF04
説明書ではテールランプはこのように取り付け指示されています。これでも悪くないと思うけど、ちょっと不自然かな?

ビッグカスタム・KF05
3連テール用の庇がモールドされてるので、左右の隙間が不自然ですね。

ビッグカスタム・KF06
そこでこのように、レンズを直接荷台に接着する形だと3連テールにできます。KFのキット自体、内容を見たことがあるので実は10年近く前からこれをやりたいという構想はありました。反射板はノーマルのテール反射鏡にモールドされているものを切り取って観音扉に貼り付けると良いでしょう。
リューターでレンズを接着する部分に丸く反射鏡の凹みを作っておくと良いかも。

ビッグカスタム・KF07
やはりこの方が収まりがいいねぇ~。丸テールマニアとしては、レンズカットが無いのが残念。ヘビフレふそうFUのテールレンズは波紋のようなレンズカットがモールドしてあり、3連テール外側のブレーキランプのみにある反射板もきちんとモールドされていました。ヘビフレT951は反射板のモールドはあったと思いますが、レンズカットはありませんでした。HHトラクタ、HEはレンズカットはあるものの反射板の無いレンズが再現されています。

ヘビフレの丸テールよりこちらの方が一回り大きいようですねぇ。とはいえこの丸テール、以前は適切な部品が少なかったし、ヘビフレ日野とかバリューデコトラを買い集めると結構な頻度で余りパーツが出るので転用もできて嬉しいアイテムだったりします。バリューデコトラのトレーラーに一番使ってみたいパーツですね。

ビッグカスタム・KF08
荷台は開閉ギミックはありませんが、後部扉の枠ごとリューターで切り離し、はめ込み式の蓋に改造して荷台を小物入れにできたらいいかなと思っています。せっかくの箱車なのに荷台がただの空洞なのは勿体ない。

来年こそペーパートラックも完成させたいし、プラモデルもぼちぼち塗装に入っていけたらなと思います。。
スポンサーサイト

購入してから3年目の仮組み。

プラモデルの記事を書くのは…いつぶりかな?(滝汗)
実は今まで、きちんと塗装ができるようになってから作ろう…と思いつつ、積んでました。
しかし、キットの箱を開けて設計図を眺めながら、あちこち改造しようと構想が生まれるわけです。

そこで、最近考えが少し変わりまして。実際に組んでみて、完成スタイルが見えてくれば、より制作意欲も生まれて、積極的になれるんじゃないかなと思い始めたので、まずは最初に作ろうと思うミニデコトラを組んでみました。

仮組するにしても、色々改造箇所が多いと、それに必要な技術を育てるためにも、ちょっとずつ手を付けて行った方が良いかなと思いまして…。ホイールがピン式の車種もあるので、そういうのもリベット&シャフト式に改造したいなと思ってます。それがたぶん一番難関な改造かな…。

ミニデコNEXTのジャイヤン。ミニデコトラ時代は仁王丸というネーミングだったようですね。
アオシマのトラックモデルで唯一、UD車がモデル化されている貴重なシリーズでもある。
ミニデコ・ジャイヤン00
この箱絵ではどう見てもボディカラーはレッドに見えるのですが…。以外にも説明書での指定色はオレンジイエローでした。が、しかし!拙者はモンザレッドで行ったりますよ!!

早速ですが半完成画像。
ミニデコ・ジャイヤン01
このキットは素組でも十分カッコイイフォルムが出来上がる。トラニオンは可動式に改造しようか悩んだが、タイヤがきちんと転がりさえすれば良いのでそのまま固定式にした。もちろん仮組なので、分解して塗装することが前提で組み立てている。分解するところにGクリヤーを使っている。ゴム系の透明接着剤は普段はきちんとくっついているが、外したい時には比較的容易にべりっとはがせるため仮組には役立つ。これはエアブラシで小物パーツを塗装する時にも使えそうだ。

ミニデコ・ジャイヤン02
リヤはノーマル風に仕上げようかと考えている。ミニデコトラにはスカイラインテールのついたプロテクターが入っているが、あのテールはオーバースケールででかすぎる。なのでテールは自作予定。

ミニデコダンプ最大の難点は、ここ。
ミニデコ・ジャイヤン03
ダンプのシリンダーがすぐに抜け落ちてしまう点である。荷台の最大上昇角度に対してピストンロッドが短く、シリンダー本体のシャーシとの連結部分のチリが緩く、はめ込みやすい反面、まるでカッチリ感が無いのである。

荷台はここまで上がるが、ここまで上げるとご覧の通り、ロッドが短くシリンダーから抜けてしまう。
シリンダー本体も、シャーシ側に下へ下がらないストッパーが無いので、ここがかなり致命的な欠陥を生んでいると言える。ピンボケしてしまったが燃タンの下に転がっている棒状のパーツがダンプシリンダー本体である。

荷台の取り付けが少し歪んだのか、荷台下降時に荷台の前が右に寄ってしまうのでプラ板でストッパーを作って左側に張り付けている。

これは荷台を下げた時(走行時)の姿をしたから見たものである。
ミニデコ・ジャイヤン04

このピストンロッドのヒンジがもう1個分後ろにあってもいいような気がするなぁ。

続きましてー、どすこいゴン太。パッケージイラストでのキャブカラーはブラックだが、ライトブルーに変更しようかな。
ミニデコ・どすこいゴン太00


早速だが仮組画像。ノーマル顔の810トラクターである。ISUZUロゴ下の矢羽マークは表現されていない。
ミニデコ・どすこいゴン太01

リヤから。トレーラーのテールは仮。
ミニデコ・どすこいゴン太02


実はトラクタはこのスタイルにするにあたり改造を行った。ミニデコトラのトラクタシャーシは素組だと非常にバランスがおかしい。
ミニデコ・どすこいゴン太03

改造箇所を解説。
■シャーシフレーム短縮。
これによりホイールベースも短くなっている。ダンプの第1軸‐第2軸よりは少し長い。踊り場は後側をカット。あとは以外にもそのまま使えた。ちょっと斜めになったが。切断個所は燃タンの直前。うろ覚えだが、たぶん5mmほど短縮したんじゃないだろうかね。

■カプラベースを前進
製品状態では、カプラの中心が後輪車軸の真上にある。実車では後輪車軸よりも前にカプラの中心がある。
カプラの中心がリヤタイヤ外周の最前部と重なるくらいの位置がベスト。可動式にしようかと考え中。

■シャーシフレームエンドをカット。
製品状態ではカプラガイドがでかすぎるし、ROHが長すぎて不自然なのでここもカット。
フェンダーを固定するテールブラケットもでかすぎるが…。

■シャーシフレーム短縮、カプラ前進によるキングピンの移設
トレーラーを奥ピンから手前ピンに改造した。元々のキングピンよりも少し前のあたりに薄い丸いへこみのような彫刻があったので、そこにリューターで穴をあけプラ棒を差し込み移設完了。本当は丸プラ棒を使うべきだが、手元にあったのが角棒だけだったので角棒をとりあえず使用。リューターは静芯V2を使っているが、切ったり穴を開けたり削ったり磨いたりできて便利である。かなり技術が向上する。

ミニデコ・どすこいゴン太04

冷凍車とのことなので、側面の凹凸は溶きパテで埋めた。この方がシールも貼りやすそうだ。
ミニデコ・どすこいゴン太05

ミニデコのセミトラクタは踊り場のキャブ背面部分にスペアタイヤを搭載するようになっている。
今回、手前ピンに改造したにも関わらず、クリアランスはこのくらい。
ミニデコ・どすこいゴン太06

これだと、マーカーランプをつけるとスペアタイヤと確実に接触するねぇ…。もうスペアタイヤブラケットは接着済みなので残すが、
スペアタイヤを移設するか、マーカーをフロントコーナーサイドに付けないかという判断が必要である。
まぁ~普通はスペアタイヤを載せるとしても左か右に寄せてますよね^^;

スペアタイヤを外せば何とか接触は防げそうであるが…。
ミニデコ・どすこいゴン太07

ある程度キットの仮組も進めつつ塗装の練習もやっていきたいですね。
プロフィール

オカ★ユウ11

Author:オカ★ユウ11
1993年生まれ・兵庫県在住。
浜田麻里さんが好きな車好き♪
( *´ω`* )
※ただしブログ名はB’zの曲から由来
浜田麻里、WANDS、B’zの音楽をよく聞きます。(特に麻里ファン)

愛車3姉妹。
K12マーチ中期(愛称:マチコ)
MC22SワゴンR(愛称:白わごちゃん)
L150Sムーヴ(愛称:涙目ちゃん)
趣味が車なら仕事も車!配送ドラやってまーす。

古い記事などにもコメント頂けると喜びます。

2002年よりKISS‐FMを愛聴しています。いわゆるキスナーですw

2017年より、ツイッターも始めました。
ワシのあかうんとはこちら
https://twitter.com/okayuu11

・スパムコメントはご遠慮下さい。

・画像無断転載、改変、営利目的での利用は禁止です。

・基本リンクフリーです。相互リンクも歓迎です。コメント欄などで一声いただければリンクいたします。(アダルト系等如何わしいものはお断ります、念のため)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。